インナーマッスルの筋トレ

インナーマッスルって言葉は聞いたことがありますか。スポーツされている方は聞いたことがあると思います。インナーマッスルとは身体の深層にある筋肉のことで、手で触れることは困難です。逆に体の表面を覆っていて手で触れることができる筋肉は、アウターマッスルと言います。重いものを持ったりするときなど力を発揮する時に主に使用する筋肉です。そのため普通に筋トレを行うとアウターマッスルが作用してしまいインナーマッスルは補助的な働きとなってしまい効率的にインナーマッスルが鍛えられません。そのためインナーマッスルを鍛える時には、筋肉の動きを理解して、低負荷で回数を多くすることがポイントになってきます。 インナーマッスルと言えば肩・腹筋が有名です。腰痛の人は腹筋を鍛えるように言われることがあると思います。それは腹筋の深層にある筋肉を鍛えるという意味です。腰のインナーマッスルは身体の腹圧を高めてくれるため「身体のコルセット」と呼ばれるくらい重要な筋肉になります。そのため市販のコルセットを巻いているとインナーマッスルが低下してしまうので、コルセットは本当に痛い時や、運動時など必要な時だけ巻くようにしてください。

実は大事な脛の筋肉!筋トレの方法や効果はどのくらい?